読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィンランドのくらしとデザイン展

美術

フィンランドのくらしとデザイン展宇都宮美術館で「フィンランドのくらしとデザイン ムーミンが住む森の生活」展を見てきました。この美術館では、以前も北欧のデザイン&クラフト展を見たことがあり、今回は5年ぶりに行きました。

2つある展示室の手前には、「森の家」があり、中をのぞくとおなじみムーミンやスナフキンなどの人形たちがいました(撮影禁止なので、残念ながら写真はなし)。

展示室1は絵画や、建築物の写真と図面など、展示室2は、トーヴェ・ヤンソンの描いた絵画やムーミンの原作原画、マリメッコのファブリックや服や食器、アアルトがデザインしたアルテック社の製品、イッタラの陶器やグラスなどが展示されていました。

アアルトは椅子の人というイメージだったんですが、今回はテキスタイルも展示されていて、へえーという感じ。その柄があしらわれた布バッグが売店でも売られていました。椅子は、自由に座ってOKなものも置いてありました。

ムーミンは過去3回日本でアニメ化されていて、中でも90年代放送のアニメは、本国でも放送されているとか。最初の2回は岸田今日子がムーミンの声を演じたやつだろうけど、そういえばあれは原作改変に作者が怒ったと聞いたことがあります。3回目のは恐らく原作に忠実で、だから本国でも親しまれてるってことなのかな。しかし日本アニメすごいな!と思ったエピソードでした。ちなみに、ヤンソンさんが女性だということは、飾ってあったご本人の写真を見るまで知りませんでした。ずっと男性だと思ってた…!

マリメッコは、過去に発表・発売した服や、ウニッコなどのテキスタイル作品などが並んでいた。現在の商品は、表参道のお店だとかデパートなんかで見ることができるけど、こうして過去作品をまとめて見たのは初めて。色々な色や柄の布地がいくつも天井から吊り下げられたり、ワンピースなどの服が並んでるのはちょっと心踊る景色でした。

展示会場へ
展示会場の手前の廊下にて